アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

自転車による事故

自転車による事故はとても多いです。
昨今では、自転車で相手に死亡、ケガをさせてしまうような重大なケースも増加しています。
また、車との接触事故で自分自身が大怪我をしたり、死亡するケースも多いものです。

こういった場合には、ケースによっては高額の賠償が必要になることもあります。
平成20年には、自転車で散歩中の女性に衝突した児童の母親に、9500万円の賠償命令が出たケースもありました。
この時、児童は坂道をスピードを出して下っており、散歩中の女性に接触、女性は転倒して頭を強く打ち、意識が戻らない状態になってしまいました。
その後、裁判が開かれ、児童への安全な自転車走行の指導をしていなかった母親に過失があるとして、寝たきりとなった女性の遺失利益や介護費用などを賠償するように命じたのでした。

このようなケースを聞くと、自転車に乗る人であれば誰しも「自分が加害者になってもおかしくないかもしれない」と思うのではないでしょうか。
そして、もしも自分が加害者の立場になった時、高額賠償をしなければならなくなることを考えると不安に感じるかと思います。

このような際に、備えとして加入しておくべきなのが自転車保険です。
もちろん、事故を起こさないように安全な運転をすべきです。
でも、いくら注意していても自転車での走行中に事故を起こしたり、巻き込まれる可能性は否定できません、。

自転車保険では、自分が加害者になった場合に発生する賠償責任を保険から支払うことができます。
また、自転車保険に加入しておけば、車との接触などで自分自身がケガをした際の治療費などを保険から支払うことができるようになります。

自転車に乗る人は、万が一の備えとして自転車保険に加入しておいたほうがいいでしょう。

おすすめサイト

通勤、通学、近所への買い物に、と毎日のように乗っている自転車にも自転車保険をかけていますか?事故を引き起こしてしまった時、加害者になってしまう可能性も秘めているのが自転車なんです。